ニキビケアで最も重要なのは正しい洗顔です

ニキビケアで最も重要なのは正しい洗顔です

ニキビができてしまったとき、多くの人はニキビケアできる薬やスキンケア商品に頼ろうとすると思います。

 

それは半分正解ですが、半分間違いです。

 

なぜなら、ニキビケアできる薬やスキンケア商品を使用したとしても正しい洗顔ができていなければ効果がないばかりか悪化してしまうこともあるからです。

 

つまり、ニキビケアで最も大事なのは正しい洗顔ということです。

 

逆に言うとニキビができてしまうということは正しい洗顔ができていないことの証明でもあります。そこで、正しい洗顔について説明していきます。

 

ニキビケアのための正しい洗顔としてまず最初にすることは、ぬるま湯でサッと表面の化粧や汚れを落とすことです。

 

これをやらないでいきなり洗顔石鹸を使って洗顔しても汚れが十分に落ちずに毛穴に残ってしまいます。

 

これによって余計にニキビが増えたり悪化してしまう場合もあるので必ずぬるま湯で化粧や汚れを落としてください。

 

次に、蒸しタオルを使って毛穴を開かせます。

 

これをやるのとやらないのでは毛穴に詰まった汚れの落ち具合が全然変わってくるので必ず行ってください。

 

次に、洗顔石鹸を十分に泡立てます。泡立てをしっかり行わないと、泡が毛穴の汚れまで到達せずに汚れを落としきれなくなるので細かい泡ができるまで良く泡立てることが大切です。

 

ここまで準備ができたらようやく本格的に洗顔します。この時の注意点としては、力を入れすぎないことです。

 

力を入れすぎると肌を刺激してしまって乾燥を招き、ニキビができやすい肌にしてしまいます。

 

指の腹の部分を使って優しく円を描くように洗うようにします。洗い終わったらすすぎです。

 

すすぎのポイントはスッキリするまで行うことです。少しでも洗顔石鹸が残っているようだと肌への刺激になってしまってニキビができる可能性が高くなります。

 

また、せっかく開いている毛穴を閉じさせないように冷水ではなくぬるま湯ですすぐことも大切です。最後は水分をふき取り完了となります。

 

水分をふき取るためのタオルは、使いまわしたタオルではなくて毎回洗いたてのものを使うようにします。

 

また、力を入れずに軽く顔を抑えるようにふき取り、刺激を与えないようにしましょう。これがニキビケアのための正しい洗顔です。

 

ニキビケアをしようと思ったら、まず自分の現在している洗顔を見直してみてください。

 

もしも自分でしている洗顔が肌に負担をかけているのではと思ったら、すぐに中止して上記の方法を試してみてください。